「ああ」とは?

言葉 詳細
唖々

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

嗚呼

概要 (Wikipediaから引用)

『嗚呼!バラ色の珍生!!』(ああ バラいろのちんせい)は、日本テレビで1994年10月27日から2001年3月15日にかけて、約6年半の間放送していた島田紳助司会のヒューマンバラエティ番組。略称は「バラ珍」。放送日時は毎週木曜 19:00 - 19:54 (JST) 、1999年4月以降は19:58まで放送。 1987年まで同局で放送されていた『それは秘密です!!』の親族との再会のコーナーを形を変えて復活させ、『目撃!ドキュン』『完全特捜宣言!あなたに逢いたい!』(共にテレビ朝日系)と同様、1990年代の人探しバラエティ・公開捜査の元祖とも呼べる番組。毎回、生き別れになった肉親や家族、大事な人を捜してほしいと視聴者が番組に依頼し、半年単位でスタッフが探し、見つかった際には感動のご対面が行われるという、前述の番組群とほぼ同じ流れで進行していた。 放送当初の半年間は、それ以降とは番組の内容が全く異なり、出演した素人の不幸話VTRに対し、徳光和夫らパネラー陣が(後にフジテレビ系で放送された『トリビアの泉』の「へぇボタン」と同じ要領で)席のボタン(得点を加算するプラスボタンと減算するマイナスボタンの2種類)を押して評価するというものであった。

あゝ

概要 (Wikipediaから引用)

『あゝ野麦峠』(ああのむぎとうげ)とは、山本茂実が1968年に発表したノンフィクション文学。副題は「ある製糸工女哀史」。 初版は朝日新聞社刊。1972年に新版が刊行されている。 戦前に岐阜県飛騨地方の農家の娘(多くは10代)たちが、野麦峠を越えて長野県の諏訪、岡谷の製糸工場へ働きに出た。吹雪の中を危険な峠雪道を越え、また劣悪な環境の元で命を削りながら、当時の富国強兵の国策において有力な貿易品であった生糸の生産を支えた女性工員たちの姿を伝えた。山本は10数年におよび飛騨・信州一円を取材し数百人の女工、工場関係者からの聞き取りを行ったという。 書籍(原作)の内容 映画では、飛騨からの出稼ぎ女工の悲惨な面を強調して描かれているが、原作では、工女の賃金にばらつきがあったことや、「我が家は貧乏だったので工女に行けなかった」、「実家の農家で働いていた方がきつかった」といった複雑な背景も描かれている。

ああ

概要 (Wikipediaから引用)

ああ、あぁ ああ - savage geniusのメンバー。 あぁ (大黒摩季) - 大黒摩季のシングル曲。 あぁ! - ハロー!プロジェクトのグループ。