「あい」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

本記事では愛(あい、英: love、仏: amour)について解説する。 最初に辞書における語義の説明に軽く触れ、次に、伝統的な用法、各宗教における説明で人々の間に定着している意味を解説し、その後、現代の多様な用法まで、歴史に沿って解説する。 辞典等の主要語義の解説 広辞苑では、次のような語義をあげている。 親兄弟のいつくしみあう心。ひろく、人間や生物への思いやり。 男女間の愛情。恋愛。 大切にすること。かわいがること。めでること。 〔キリスト教〕 神が、全ての人間をあまねく限りなく いつくしんでいること。アガペー。 〔仏教〕 渇愛、愛着(あいじゃく)、愛欲。「十二因縁」の説明では第八支に位置づけられ、迷いの根源として否定的に見られる。 日本語の「愛」の意味の変遷 日本の古語においては、「かなし」という音に「愛」の文字を当て、「愛(かな)し」とも書き、相手をいとおしい、かわいい、と思う気持ち、守りたい思いを抱くさま、を意味した。

概要 (Wikipediaから引用)

藍(あい) タデ科の植物。⇒アイ (植物)。 アイ (植物)から採れる染料を使って染めた布(染め物)。⇒藍染め。 藍染めの色の事。⇒藍色、インディゴ。 日本人の人名。主に女性名に使われる。 宮里藍 - 女子プロゴルファー 野中藍 - 声優 藍 - モデル藍(らん) 上記の別の読み方。 藍綬褒章(らんじゅほうしょう) 出藍(しゅつらん)、出藍の誉れ藍(あお) 緑と区別する意味での青。藍色(らんしょく)。

あい

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『ヨモギ』より : もぐさ(艾)は、ヨモギの葉の裏にある繊毛を精製したもの。主に灸に使用される。西洋語にもmoxaとして取り入れられている。 もぐさは、夏(5~8月)に、よく生育したヨモギの葉を採集し、臼で搗(つ)き、篩にかけ、陰干しする工程を繰り返して作られる。点灸用に使用される不純物(夾雑物)のない繊毛だけの艾を作るには、多くの手間暇がかかるため、大変高価である。高級品ほど、点火しやすく、火力が穏やかで、半米粒大のもぐさでは、皮膚の上で直接点火しても、心地よい熱さを感じるほどである。 もぐさの成分 もぐさの主成分としては毛茸(葉裏の白い糸、T字形をしているのでT字毛とも呼ばれる)と線毛(芳香成分として精油(テルペン、シネオール、ツヨン、コリン、アデニン)、タール)、11%の水分、67%の線維と11%のたんぱく質などの有機物、4~5%の類脂質(脂肪)、4~6%の無機塩類(灰分)、ビタミンB、ビタミンCなどで構成される。

歩衣

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

阿井

概要 (Wikipediaから引用)

阿井 美千子(あい みちこ、本名:渡辺 千歳、1930年1月17日 - )は、京都府京都市上京区出身の日本の女優。宝塚歌劇団出身。旧芸名は百ちとせ、阿井三千子。 1946年、京都市立二条高等女学校(現在廃校)を卒業し宝塚音楽学校に入り、翌47年、宝塚歌劇団に入り、百ちとせの芸名で男役として活躍。宝塚歌劇団34期生 同期には八千草薫、淀かほるらがいる。 1952年、東映東京にスカウトされ宝塚歌劇団を退団し阿井三千子の芸名で「クイズ狂時代」でデビュー。その後、東映京都に転じ、片岡千恵蔵の相手役を多くつとめた。 1953年8月、大映京都へ入社。ここでも時代劇で活躍。 1954年、「花の白虎隊」より芸名を阿井美千子と改名 1960年、「鏡山競艶録」で主演。 1965年初め大映を退社。以後テレビや舞台を中心に活躍。

安威

概要 (Wikipediaから引用)

安威川ダム(あいがわダム)は、大阪府茨木市生保(しょうぼ)地先、淀川水系神崎川の右支川である安威川に建設中のダムである。 沿革 安威川は大阪府北部を流れ、神崎川に合流し大阪湾に注ぐ河川である。流域は古くから洪水に悩まされる地域であり、堤防築堤等の対策が採られていた。だが1967年(昭和42年)7月、流域を集中豪雨が襲い安威川は茨木市野々宮付近で決壊し61人が死傷。浸水家屋は25,000戸に及び全体で1,000億円以上の被害額を出す大水害に見舞われた。この北摂豪雨を契機として流域の茨木市・高槻市・摂津市・吹田市・大阪市の5市長がダムによる抜本的な河川整備を要求した。 また、高槻市から吹田市に至る流域は東海道新幹線や名神高速道路といった「日本の大動脈」が通過、大阪市や京都市の近郊に位置するためにベッドタウンとして千里ニュータウンを始め多くの住宅造営が進み、人口密集地域となった。

逢う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

飽く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

遭う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あう

概要 (Wikipediaから引用)

『阿吽』より : 阿吽(あうん、संस्कृतम्: अहूँ 、a-hūṃ)は仏教の呪文(真言)の1つ。悉曇文字(梵字)において、阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音であり、そこから、それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされた。 また、宇宙のほかにも、前者を真実や求道心に、後者を智慧や涅槃にたとえる場合もある。 次いで、対となる物を表す用語としても使用された。特に狛犬や仁王、沖縄のシーサーなど、一対で存在する宗教的な像のモチーフとされた。口が開いている方を阿形(あぎょう)、閉じている方を吽形(うんぎょう)と言う。 転じて、2人の人物が呼吸まで合わせるように共に行動しているさまを阿吽の呼吸、阿吽の仲などと呼ぶ。 関連項目 オーム ΑΩ アヌ アイコンタクト - 非言語コミュニケーション 同期 シンクロ。

明く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

合う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

空く

概要 (Wikipediaから引用)

『空くんの手紙』(そらくんのてがみ)は、小田空による日本の少女漫画作品。 『りぼん』(集英社)1979年(昭和54年)2月号から1984年(昭和59年)4月号まで連載され、また1984年(昭和59年)りぼん春休み増刊号にも掲載された。単行本はりぼんマスコットコミックス版が全4巻。集英社文庫版が全2巻。 森の傍に立つ一軒家で、共同生活を営む「空くん」「うさぎ」「ゴジラ」を中心に展開するメルヘンタッチのハートウォーミングストーリー。1話完結。 登場人物 レギュラー 空くん(そらくん) 主人公。メルヘンチックな森の傍らに住む少年。セーラー服に半ズボンがトレードマーク。生活の基礎である自給自足の能力に長け、家事全般をこなすなど大人顔負けの生活力を誇るが、一方で趣味がプラモデル作りなど少年らしい一面も見せる。性格は至って常識人で、優しく温厚ではあるが、生真面目な性格故とっつきづらい部分もある。さばの味噌煮が好き。 うさぎ 空くんと共同生活を送る牡ウサギ。真面目な空くんに対して、家事をさぼりたがったり、悪いことをしても素直に謝るのを躊躇ったりと、モラルに欠けるトラブルメーカー的存在だが、根は悪人ではない。

あく

概要 (Wikipediaから引用)

『灰汁』より : 灰汁(あく)とは、原義では灰(藁灰や木灰)を水に浸して上澄みをすくった液のこと(#灰汁)。この灰汁を使って食品自体がもつ強くてクセのある味を処理したことから、そのような嫌な味やクセそのものも「あく」と呼ぶようになった(#食品のアク)。本項目でともに解説する。 灰汁 灰汁は藁灰や木灰を水に浸した上で上澄みをすくった液である。炭酸カリウムが主成分であるためアルカリ性で、洗剤、漂白剤、また食品のアク抜き(後述)などとして用いる。鹿児島県ではこの灰汁を用いて「あくまき」や「つのまき」と呼ばれるちまきを作るほか、沖縄県では「はいじる」と呼んで沖縄そばの原料として用いられる。灰の項目も参照。 灰汁は、灰を水のなかに入れてとる液で、洗濯や染め物など用途に応じてさまざまな作り方があった。 洗濯用には米俵を一俵分焼き、これを一斗(18リットル)樽に入れ、水をいっぱいに加え、よく混ぜてこの上澄みをたらいに移し、20倍くらいに薄めたものを使用した。

遇う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

開く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

厭く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

会う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

I

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

相 木と目をあわせた会意文字。目が木に向かい合う事から、よく見て調べる事を意味する。また向かい合う事から、「互いに」「助ける」という意味を生じた。 フェーズ (phase) の訳語。(そう) 相 - 物質や概念(もの)の状態を表す。(概念の状態の例:モデル計算でのモデルの状態など) 相 (物質) - 気体・液体・固体などの、物質の状態のこと。 相 (考古学) - 考古学における時期区分概念。 アスペクト (aspect) の訳語。(そう) 相 (言語学)。言語学における動詞のアスペクト。 相 (占星術)。天体の黄経差。 見た目、姿、様子。またはそれを見ること。(そう) 特に人相。他に手相、家相など。 仏教用語。認識されるもの(境)が「認識されたすがた」を指す。 月の相。 特定環境下の生物の総体。生物相、動物相、植物相など。 宰相、相公、相国の意。(しょう) 大臣(Minister, Secretary)のこと。各政府省庁内における、最上位の行政官。現在では、接尾辞的に使われることが多い(首相、外相など)。 北朝鮮で各省内における、最上位の行政官。