「あいいろ」とは?

言葉 詳細
藍色

概要 (Wikipediaから引用)

藍色(あいいろ)は、色のひとつ。植物である藍に由来する色素を由緒とする色である。インディゴに同じ色。日本の伝統的な色としては、藍のみで染めた色ではなく、藍に少量の黄の染料を加え、緑がからせたものを指す。藍のみで染めた色の伝統的な呼び名は、縹(はなだ。花田と書くことも。)色。 藍の色料 藍は青藍を呈する色料である。多くは着色のために染料、または顔料として用いる。 藍色に関する事項 日本の伝統的な虹の色の区分には藍が含まれるが、アメリカなどでは虹は6色である。(虹を参照) 上代の藍色は、色止めとして下地をキハダ等で黄色く染めていたため、緑がかった色だった可能性がある。 「出藍の誉れ」、「青は藍より出でて藍より青し」という諺がある。ともに弟子が師匠の能力や技量・知識を追い越す、優れているという意味。 近似色 インディゴ(青藍) - 基本的には同じ色。 インクブルー 青 青紫 紺色 関連項目 色 色名一覧 日本の色の一覧 アイ (植物) 藍染め インディゴ。