「あいおい」とは?

言葉 詳細
相生

概要 (Wikipediaから引用)

相生(あいおい、そうしょう、そうせい) 相生(あいおい) 2本以上の木が同じ根から生え出ていること。特に相生の松。 転じて、夫婦が仲睦まじいこと。また、「相老」ともかけて、夫婦が共に長生きすること。 相生(あいおい)は、日本の姓の一つ。 相生(あいおい)は、日本の市町名、地名。 兵庫県相生市 町については相生町を参照。 そのほかにも全国に相生という地名がある。[例] 愛知県一宮市相生。 相生(あいおい)は、駅名。⇒相生駅を参照。 相生は、大相撲の力士の四股名。関脇の相生枩五郎が有名。 相生-アイオイ-は、JUNEDの通算2枚目のシングルである。 相生(そうしょう)は、五行思想における五行の関係の一つ。⇒五行思想#相生を参照。 相生垣 相生垣(あいおいがき)は近畿由来の姓。 相生垣瓜人( — かじん、1898、高砂町 – 1985)は俳人 関連項目 相生で始まる記事の一覧 相生村。

相老

概要 (Wikipediaから引用)

相老駅(あいおいえき)は、群馬県桐生市相生町二丁目にあるわたらせ渓谷鐵道と東武鉄道の駅である。 わたらせ渓谷鐵道のわたらせ渓谷線と、東武鉄道の桐生線が乗り入れ、接続駅となっている。東武桐生線の駅番号はTI 56。 駅名は、駅の所在地である旧相生村の地名をそのまま使用すると兵庫県の相生駅と重なることから、『生』を『老』に変更した。 1911年(明治44年)4月15日 - 足尾鉄道の相生駅として開業。 1912年(明治45年)7月1日 - 相老駅に改称。 1913年(大正2年)3月19日 - 東武鉄道の相老駅が開業。 1918年(大正7年)6月1日 - 足尾鉄道が国有化され、国有鉄道と東武鉄道の駅となる。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道と東武鉄道の駅となる。 1989年(平成元年)3月29日 - 足尾線がわたらせ渓谷鐵道に移管。 1991年(平成3年)- ホーム延長により、急行(現・特急)「りょうもう」が停車を開始。 2011年(平成23年)3月29日 - 駅前広場の整備事業によりロータリーが完成。

合生

概要 (Wikipediaから引用)

『雌蕊』より : 雌蕊(雌蘂、しずい、英: Pistil)は、被子植物の花(両性花または雌花)に1個または複数ある雌性生殖器官で、一般には「めしべ」と呼ばれる。雌性配偶体である胚嚢をその内部に保護し、雄性配偶体である花粉を受け入れて、両者が形成する配偶子の間で受精が成立するためのなかだちをする機能を持つ。また、その内部で種子が発育した後には、その周囲に形成される果実の原器となる。 花の中に1個または複数ある(複数ある場合は全体をまとめて雌器:Gynoeciumともいう)。雌蕊を構成している、葉に相同の単位を心皮(しんぴ:Carpel)といい、1個の雌蕊は1個(離生心皮)または複数の心皮(合生心皮:この場合は花には1個の雌蕊しかない)からなる。心皮はシダ植物や裸子植物の大胞子葉に相当する。 形態 雌蕊は基部から先端に向かって次のように分けられる: 子房(しぼう,英: ovary)は花柱の下にあるふくれた部分で、胚珠(受精したのちに種子となる)を含む。

愛生

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。