「あいおーでーたきき」とは?

言葉 詳細
アイ・オー・データ機器

概要 (Wikipediaから引用)

株式会社アイ・オー・データ機器(アイ・オー・データきき、I-O DATA DEVICE, INC.)は、石川県金沢市に本社を置く精密機器メーカー。主にコンピュータの周辺機器を製造・販売している。その創業時期は、日本のパーソナルコンピュータの黎明期にもあたり、周辺機器メーカーとしては老舗といえる。 1976年に、創業者である細野 昭雄の自宅ガレージにて創業。最初の仕事は福井県の繊維業者から発注された「オンライン織布工場管理システム」であった。 社名のアイ・オー・データの「I-O」とはそれぞれデータ入力(input)の「I」、出力(output)の「O」に由来し、入出力を「I/O」と記述する事から、社名の中黒、ハイフンはスラッシュや省略という形で誤記される事が多い。コーポレートメッセージは「進化する明日へ Continue thinking」が掲げられている。 一般にはシャープやNECの8ビットパソコンに対応した外部記憶装置、周辺機器の開発などから注目を浴びるようになり、HDDやMO、CD-RW、DVD-RAMドライブなどのストレージ機器やIDE、SCSI、USBなどのインターフェース部品、メモリーに比較的強い。