「あいきどう」とは?

言葉 詳細
合気道

概要 (Wikipediaから引用)

合気道(あいきどう・合氣道)は、武道家・植芝盛平が大正末期から昭和前期にかけて創始した武道。植芝盛平が日本古来の柔術・剣術など諸武術を研究し、独自の精神哲学でまとめ直した、体術を主とする総合武道である。 (植芝盛平が創始したもの以外の「合気道」は→“「合気道」の名称について” にて詳述。) 「合気道」とは「天地の“気”に合する道」の意。 柔道・剣道・空手道等と並ぶ、21世紀初頭の日本において代表的な武道の一つである。大東亜戦争(太平洋戦争)終了後、一般社会への普及が始まり、日本のみならず世界で大きく広まった。 合理的な体の運用により体格体力によらず相手を制することが可能であるとしている点が特徴。 技の稽古を通して心身を練成し、自然との調和、世界平和への貢献を行う等を主な理念とする。 歴史:成立から展開 合気道の創始者・植芝盛平は1883年(明治16年)和歌山県西牟婁郡西ノ谷村(後の田辺市)の富裕な農家に生まれた。