「あいす」とは?

言葉 詳細
愛洲

概要 (Wikipediaから引用)

愛洲久忠の父と思われる「伊勢大神宮神領奉行職」愛洲忠行 愛洲伊予守忠行は、初期「山田三方」の内部抗争と思われる「蔵方牢人」の山田還住を巡って、あわや一合戦に突入する状況で仲裁の労を執っている。伊勢神宮 伊勢大神宮一禰宜氏経卿は「文明 (日本) 文明十一年十二月二七日の内宮引付」で、愛洲伊予守忠行に「進上御奉行職」として謝意を表している。江戸時代の神領奉行所は江戸幕府遠国奉行所「山田奉行所」の名称で、「宮川」の東側、現三重県伊勢市御薗町小林(おはやし)に設けられた。伊勢大神宮の「祭主家」が神領の検断権を掌握していた南北朝期迄は、宮川の以西「岩出館」がそれである。文明年間愛洲伊予守忠行は伊勢国一之瀬から、神領奉行所を「岩出祭主館跡」に進出したと思われる。

相須

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

アイス

概要 (Wikipediaから引用)

アイス (ice) は英語で氷の意。 氷。 氷菓の総称。アイスクリーム、アイスキャンディーを参照。 アイスコーヒー、 ドライアイスなどの略称。 高利貸しの隠語。 覚醒剤の隠語。 アイス (映画) - ロバート・クレイマー監督・脚本による1970年のアメリカ合衆国の映画。人物 アイス・サランユー - タイ王国の男性歌手、またはそのアルバムタイトル。 アイス (ダンサー) - ジャマイカの男性ダンサー。 その他 Ais、AISについてはAISを参照。 Aice5 - 日本の声優ユニット。 関連項目 ICE (曖昧さ回避) AIS。

Ice

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あいす

概要 (Wikipediaから引用)

『アイスクリーム』より : アイスクリンは、アイスクリームの過去の呼称、またはそこから派生した、鶏卵、砂糖、脱脂粉乳などから作られる乳脂肪分3 %以下の氷菓のこと。高知県や沖縄県のものが有名。 アイスクリームをはじめとする、アイスクリーム類乳製品に比べ、乳固形分・乳脂肪分の割合が小さく、氷菓に分類される。乳脂肪分が少ないために、貯蔵や輸送時の温度の変動などで一部の氷が融解、再結晶しやすく、全体的にシャリシャリとしたシャーベット状の食感となるほか、乳製品独特のコクがしつこくなく、あっさりとした味わいが楽しめる。 また、アイスクリームなどと同じように、香料(フレーバー)を調整することにより様々なバリエーションが存在する。アイスクリームにおけるバニラにあたる、もっとも代表的なフレーバーはバナナ香料で、ミルクセーキに近い味がする。 原材料 アイスクリンの原材料として、卵、糖分、脱脂粉乳、香料などが使われる。アイスクリーム類乳製品と異なる点として、卵を用いることや、油脂やゲル化安定剤、乳化剤などは使われないことが多い。

愛す

概要 (Wikipediaから引用)

『イエスの愛しておられた弟子』より : イエスの愛しておられた弟子(イエスのあいしておられたでし)、または 愛する弟子 は、正典福音書では『ヨハネによる福音書』のみに登場する人物。伝統的に使徒ヨハネと理解されているが、異論もある。 第四福音書とも呼ばれる『ヨハネによる福音書』の最後にある記述によって、その著者が示される。匿名の「この弟子」は、「イエスの愛しておられた弟子」あるいは「愛する弟子」として同書にたびたび登場するが、他の福音書(共観福音書)には登場しない。 英語では The Beloved Disciple として、しばしば固有名詞的に扱われる。 『ヨハネによる福音書』における「イエスの愛しておられた弟子」が誰であるかと、ヨハネ福音書の著者が誰であるかとは無縁ではない。なぜならば、『ヨハネによる福音書』はキリスト教ヨハネ派の誰かによって書かれたものなので、『ヨハネによる福音書』の書記が使徒ヨハネを高めようとするのは必然的だからである。 使徒ヨハネ 実際のヨハネ福音書の著者が誰であれ、同書に登場する「イエスの愛しておられた弟子」あるいは「愛する弟子」は使徒ヨハネを指すものとされてきた。

あいする

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

愛する

概要 (Wikipediaから引用)

『イエスの愛しておられた弟子』より : イエスの愛しておられた弟子(イエスのあいしておられたでし)、または 愛する弟子 は、正典福音書では『ヨハネによる福音書』のみに登場する人物。伝統的に使徒ヨハネと理解されているが、異論もある。 第四福音書とも呼ばれる『ヨハネによる福音書』の最後にある記述によって、その著者が示される。匿名の「この弟子」は、「イエスの愛しておられた弟子」あるいは「愛する弟子」として同書にたびたび登場するが、他の福音書(共観福音書)には登場しない。 英語では The Beloved Disciple として、しばしば固有名詞的に扱われる。 『ヨハネによる福音書』における「イエスの愛しておられた弟子」が誰であるかと、ヨハネ福音書の著者が誰であるかとは無縁ではない。なぜならば、『ヨハネによる福音書』はキリスト教ヨハネ派の誰かによって書かれたものなので、『ヨハネによる福音書』の書記が使徒ヨハネを高めようとするのは必然的だからである。 使徒ヨハネ 実際のヨハネ福音書の著者が誰であれ、同書に登場する「イエスの愛しておられた弟子」あるいは「愛する弟子」は使徒ヨハネを指すものとされてきた。