「あいそ」とは?

言葉 詳細
相磯

概要 (Wikipediaから引用)

相磯 秀夫(あいそ ひでお、1932年3月3日 - )は、日本の工学者。東京工科大学理事、慶應義塾大学名誉教授。 人物・経歴 神奈川県生まれ。慶應義塾大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程修了。通商産業省工業技術院電子技術総合研究所を経て、慶應義塾大学工学部教授。1990年、環境情報学部設置に際して同学部に移り初代学部長に就任。その後大学院政策・メディア研究科委員長などを務めた。1999年、東京工科大学に移り、日本最初のメディア学部の設立に参加して初代学部長に就任。同年6月、同大学学長に就任した。2004年、有限責任中間法人Mozilla Japanの代表理事に就任。また、情報処理学会副会長や、国家プロジェクトであった「第五世代コンピュータ・スーパーコンピュータ・情報処理相互運用技術などの推進委員会」委員長などを歴任。慶應義塾大学工学部相磯研究室からは、村井純、徳田英幸や坂村健をはじめとするコンピュータ関連分野の多くの研究者を輩出した。この間関西大学客員教授も務める。 1957年 通商産業省工業技術院電子技術総合研究所電子計算機部 1960年 イリノイ大学でILLIAC IIの演算制御装置の設計を担当 1968年 慶應義塾大学 工学博士 論文は「計算機システム・シミュレーションに関する研究 」 1971年 慶應義塾大学工学部電気工学科教授 1990年 慶應義塾大学環境情報学部長 1994年 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科委員長 1999年 東京工科大学メディア学部長、学長 情報処理学会副会長 情報処理学会名誉会員 通商産業大臣賞 電子通信学会論文賞 情報処理学会論文賞 National Computer Conference最優秀論文賞 情報処理学会功績賞 紫綬褒章 瑞宝中綬章 日本OSS貢献者賞・日本OSS奨励賞 審査委員長(2006年度~2009年度) 専門分野 メディア学 次世代コンピュータ 研究業績 「計算機アーキテクチャ(岩波講座・情報科学-15)」岩波書店(1982) 「第5世代コンピュータと未来」講談社(1985) 「ノーベルコンピューティングへの挑戦」三田出版会(1990) 「電子計算機I-計算機基礎(電子情報通信学会大学シリーズH-3)コロナ社(1992) 脚注 外部リンク 社団法人情報処理学会Webサイト コンピュータ博物館:日本のコンピュータパイオニア 慶應義塾大学Webサイト 東京工科大学Webサイト。

相蘇

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

相曽

概要 (Wikipediaから引用)

相曽 賢一朗(あいそ けんいちろう、1968年? - )は、東京都生まれのヴァイオリン奏者。所沢市立美原小学校卒業、1987年、東京芸術大学に入学、在学中に奨学金を得てアメリカへ留学。1992年文化庁在外研修員として王立音楽アカデミー 英国王立音楽アカデミーへ留学。1995年、同アカデミーを首席で卒業。イギリスに在住し、ソリスト、室内楽奏者として活動中。日本では毎年秋にリサイタルを行っている。また、2003年、明仁 今上天皇・皇后美智子 皇后の前で演奏を行った。これまでに川田敦子、石井啓一郎、石井志都子、海野義雄、澤和樹、田中千香士、エドワード・シュミダー、エリック・グルンベルク、イヴリー・ギトリス、ルッジェーロ・リッチ、イダ・ヘンデル、ヘルマン・クレッバースに師事。現在、バーミンガム音楽院と英国王立音楽アカデミーで教鞭をとる。

あいそ

概要 (Wikipediaから引用)

『サガミチェーン』より : 株式会社サガミチェーンは、本社を愛知県名古屋市に置く、「サがミ」等の和食レストランチェーンを展開する企業である。店舗は愛知県ほか東海地方を中心に、近畿地方や関東地方にも出店している。東証1部及び名証1部上場(証券コード:9900)。 沿革 1970年3月 - 株式会社サガミチェーン設立。 1991年9月 - 名古屋証券取引所2部上場。 1996年7月 - 東京証券取引所2部上場。 1997年7月 - 東京証券取引所、名古屋証券取引所各1部上場。 2015年2月 - 一般財団法人和食文化国民会議に加盟。 サガミチェーンの店舗 現在の営業店舗 サがミ そば、天婦羅、味噌煮込み、うどんを主力商品としている。 さがみ庭 懐石料理と麺を主力商品とし、店は竹をテーマにした作りで和室になっている。 あいそ家 サがミより低価格に押さえたメニューを揃えてある。 どんどん庵 子会社がチェーン展開しているセルフサービス方式のうどん店。 製麺大学 セルフサービス方式の新業態うどん店。

愛想

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あいす

概要 (Wikipediaから引用)

『アイスクリーム』より : アイスクリンは、アイスクリームの過去の呼称、またはそこから派生した、鶏卵、砂糖、脱脂粉乳などから作られる乳脂肪分3 %以下の氷菓のこと。高知県や沖縄県のものが有名。 アイスクリームをはじめとする、アイスクリーム類乳製品に比べ、乳固形分・乳脂肪分の割合が小さく、氷菓に分類される。乳脂肪分が少ないために、貯蔵や輸送時の温度の変動などで一部の氷が融解、再結晶しやすく、全体的にシャリシャリとしたシャーベット状の食感となるほか、乳製品独特のコクがしつこくなく、あっさりとした味わいが楽しめる。 また、アイスクリームなどと同じように、香料(フレーバー)を調整することにより様々なバリエーションが存在する。アイスクリームにおけるバニラにあたる、もっとも代表的なフレーバーはバナナ香料で、ミルクセーキに近い味がする。 原材料 アイスクリンの原材料として、卵、糖分、脱脂粉乳、香料などが使われる。アイスクリーム類乳製品と異なる点として、卵を用いることや、油脂やゲル化安定剤、乳化剤などは使われないことが多い。

愛す

概要 (Wikipediaから引用)

『イエスの愛しておられた弟子』より : イエスの愛しておられた弟子(イエスのあいしておられたでし)、または 愛する弟子 は、正典福音書では『ヨハネによる福音書』のみに登場する人物。伝統的に使徒ヨハネと理解されているが、異論もある。 第四福音書とも呼ばれる『ヨハネによる福音書』の最後にある記述によって、その著者が示される。匿名の「この弟子」は、「イエスの愛しておられた弟子」あるいは「愛する弟子」として同書にたびたび登場するが、他の福音書(共観福音書)には登場しない。 英語では The Beloved Disciple として、しばしば固有名詞的に扱われる。 『ヨハネによる福音書』における「イエスの愛しておられた弟子」が誰であるかと、ヨハネ福音書の著者が誰であるかとは無縁ではない。なぜならば、『ヨハネによる福音書』はキリスト教ヨハネ派の誰かによって書かれたものなので、『ヨハネによる福音書』の書記が使徒ヨハネを高めようとするのは必然的だからである。 使徒ヨハネ 実際のヨハネ福音書の著者が誰であれ、同書に登場する「イエスの愛しておられた弟子」あるいは「愛する弟子」は使徒ヨハネを指すものとされてきた。

哀訴

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。