「あいちしゅくとくだいがく」とは?

言葉 詳細
愛知淑徳大学

概要 (Wikipediaから引用)

愛知淑徳大学(あいちしゅくとくだいがく、英語: Aichi Shukutoku University、公用語表記: 愛知淑徳大学)は、愛知県長久手市片平2丁目9番地に本部を置く日本の私立大学である。1975年に設置された。大学の略称は淑徳大、淑徳、愛知淑徳。 大学全体 学校法人愛知淑徳学園が運営する女子大学として設置され、東海地方の名門女子大学として高い評価を受けていたが、開学20周年の1995年より男女共学化されている。 設立当初は文学部のみの単科大学だったが、現在2つのキャンパスに9学部12学科・大学院5研究科を擁する、東海地方有数の総合大学となった。 財団法人大学基準協会による大学評価(相互評価ならびに認証評価)を受け大学基準に適合していると認定されている。(認定期間2010年度~2017年度) 建学の精神 教育目標 『10年、20年先に役立つ人材の育成』校訓 『謙譲優雅』『質実剛健』 理念 『違いをともに生きる』 沿革 1975年 開学(文学部国文学科・英文学科設置) 1976年 3号棟竣工 1978年 緑風館(食堂)竣工 1979年 図書館竣工 1981年 体育館竣工 1984年 大学総合グラウンド竣工 1985年 文学部に図書館情報学科設置 1987年 図書館棟増築竣工 1989年 大学院文学研究科修士課程設置 1991年 文学部コミュニケーション学科設置・大学院文学研究科博士課程設置、6号棟竣工 1992年 留学生別科設置・エクステンションセンター開設、エクステンションセンターホール竣工(現:5号棟) 1994年 国際交流会館開設 1995年 男女共学化。