「あいちようすい」とは?

言葉 詳細
愛知用水

概要 (Wikipediaから引用)

愛知用水(あいちようすい)は、愛知県の尾張丘陵部から知多半島にかけての一帯に農業用、工業用、上水道用の水を供給する用水である。 岐阜県八百津町から知多半島南端の南知多町に至る112キロメートルの幹線水路と、幹線水路から分岐して農業用の水を導く支線水路1,012キロメートルからなる。愛知用水公団によって1961年に開かれ、現在では独立行政法人水資源機構によって管理されている。 流路 愛知用水の水源は長野県王滝村と木曽町にまたがる牧尾ダム、同県木祖村の味噌川ダム、岐阜県恵那市の阿木川ダムの3つ。当初は牧尾ダムのみであり、他の2つは水需要増加などにより牧尾ダムだけでは対応しきれなくなったため追加で造られたものである。 上記3ダムの木曽川水系に属しており、用水路の取水口は木曽川本流に位置する。岐阜県可児市と八百津町に跨る兼山ダム湖にある兼山取水口である。幹線水路はここから可児市を経て愛知県に入る。 愛知県内では、犬山市、小牧市、春日井市、名古屋市守山区、尾張旭市、瀬戸市、長久手市を経て日進市、みよし市、東郷町にまたがる愛知池(東郷調整池)に注ぐ。