「あいづなかがわ」とは?

言葉 詳細
会津中川

概要 (Wikipediaから引用)

会津中川駅(あいづなかがわえき)は、福島県大沼郡金山町大字中川字坂下にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)只見線の駅である。 駅構造 単式ホーム1面1線を有する地上駅。旧貨物ホーム跡が残っている。 会津坂下駅管理の無人駅であり、出口は小出方面列車が右側、会津若松方面列車が左側である。トイレは現在、使用不可能となっている。 旧早戸駅とよく似た構造となっており、保線用詰所がある。 利用状況 2004年度の乗車人員は、1日平均5人。 駅周辺 沼沢湖 沼沢温泉 中川郵便局 町民体育館 只見川 上田ダム 上田発電所 国道252号 道の駅奥会津かねやま バス路線 最寄りのバス停は「JR会津中川駅前」となる。 1956年(昭和31年)9月20日 - 開業。旅客のみ取り扱い。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本に継承。 2011年(平成23年) 7月30日 - 新潟福島豪雨により営業休止。