「あいづほんごう」とは?

言葉 詳細
会津本郷

概要 (Wikipediaから引用)

会津本郷駅(あいづほんごうえき)は、福島県会津若松市北会津町上米塚にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)只見線の駅である。大正時代末期、西若松駅と会津高田駅の間に計画されたこの駅は駅舎が旧北会津村に予定されたため、当時の本郷町市街から1500mも離れており会津本郷焼などの出荷にも大きな影響があるとして何度も計画変更を申し入れたが叶わず、駅名を会津本郷駅にすることで涙をのみ決着したという。 駅構造 単式ホーム1面1線をもち列車同士の行き違いが出来ない地上駅である。かつては、相対式ホーム2面2線を有していたが、現在線路は撤去されている。さらに、開業当初は阿賀川からのバラスト採取専用の引込み線があったため、現状にそぐわないほどの広大な構内があり、名残として西若松方向400m付近から分岐していた路盤と橋梁跡がわずかに残されている。 会津若松駅管理の無人駅である。駅舎はかつては木造の古いものを使用していたが最近会津高田駅や新鶴駅と同じ開放的な待合所に立て替えられた。 利用状況 2004年度の乗車人員は、1日平均49人。