「あいなめ」とは?

言葉 詳細
あいなめ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

アイナメ

概要 (Wikipediaから引用)

アイナメ(鮎魚女、鮎並、愛魚女、学名 Hexagrammos otakii)は、魚類カサゴ目アイナメ科の1種。 日本沿岸の比較的塩分濃度の低い岩礁域に広く生息する底生魚で、食用にもなる。 全長30-40センチメートルほどだが、60センチメートルを超える個体もある。カサゴ、メバル、カジカなどと同じカサゴ目に分類されるが、アイナメはひれの棘条(とげ)が発達しないこと、背びれが1つに繋がっていること、体高が高いこと、鱗が細かいことなどが特徴である。これらの特徴はクジメやホッケなど、他のアイナメ科の魚にも共通する。 体色は生息地の環境により黄、赤褐色、紫褐色など様々だが、繁殖期のオスには黄色の婚姻色が現れる。近縁種のクジメとは、尾びれが三角形に角ばっていることで区別できる。また、アイナメの側線は体側中央だけでなく背びれ、腹びれ、尻びれの根もとに計5本もあるが、クジメの側線は体側の1本だけである。 分布 南西諸島と太平洋側の一部を除く日本各地の沿岸に生息し、日本以外では朝鮮半島と黄海沿岸にも分布する。