「あいのうらがわ」とは?

言葉 詳細
相浦川

概要 (Wikipediaから引用)

名称=相浦川 水系等級=二級水系 水系=相浦川 種別=二級河川 延長=20.1 標高=707 流量=-- 観測所= 流域面積=69.21 水源=八天岳 河口=南九十九島(五島灘) 流域=長崎県佐世保市 脚注= 出典=相浦川(あいのうらがわ)は、長崎県の北松浦半島南西部を西へ流れ、南九十九島 (西海国立公園) 九十九島へ注ぐ二級河川である。流域の全域が長崎県佐世保市に属する。長崎県の川では流路延長3位・流域面積5位の河川規模をもつ。北隣の佐々川と同様に西へ流れ、それに多くの支流が合流する。佐世保市街地の北東にある国見山 (長崎県) 国見山系八天岳(標高707m)・隠居岳(標高670m)を水源とする。源流部は国見山系の溶岩台地に樹枝状の深い谷を刻む。本流は川谷貯水池で一旦貯水された後に北西へ流れ、柚木 (佐世保市) 柚木地区の盆地へ入る。