「あいべつ」とは?

言葉 詳細
愛別

概要 (Wikipediaから引用)

愛別町(あいべつちょう)は、北海道上川地方中部の石狩国上川郡にある町。きのこの一大生産地として有名。 町名はアイヌ語の「アイペッ」(矢、或いはトゲ・川)からとされ、土地の傾斜が急な為、流れが矢のように速い川(愛別川)があり、その川の名が町名に広がったとの説がある。しかし、愛別川はそれほど急流というわけではなく、また、「アイ」はトゲがあるということからイラクサも指し、その意味を「イラクサ・川」「矢の原料になる木がある川」とする説もある。 地理 上川盆地の北東端、石狩川と愛別川の合流点にある。 隣接している自治体 上川総合振興局管内 士別市 上川郡 (石狩国):上川町、当麻町、比布町 1895年 和歌山・岐阜・愛知から179戸が入植する(愛別町の開基) 1897年 鷹栖村(現:旭川市東鷹栖・鷹栖町)から分村、上川郡愛別村 1906年 二級町村制、愛別村 1924年 上川郡上川村(現:上川町)が分村 1937年 一級町村制、愛別村 1961年 町制施行、愛別町 行政 歴代首長 町議会 定数9人(任期:2015年4月30日) 経済 産業 稲作が主だが、1972年から始まったキノコ栽培も愛別町の農業の柱となっており、全道有数の「きのこの里」として知られている。

哀別

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。