「あいら」とは?

言葉 詳細
姶良

概要 (Wikipediaから引用)

ファイル:Chosa junior high school frontview.jpg thumb right 250px 帖佐中学校姶良町立帖佐中学校(あいらちょうりつちょうさちゅうがっこう)は鹿児島県姶良郡姶良町の町立中学校である。姶良町西餅田に所在している。1947年(昭和22年)、学制改革によって旧帖佐青年学校の位置に帖佐町立帖佐中学校として開校した。当初の校区は当時の帖佐町内全域で、帖佐小学校、建昌小学校、三叉(さんさ)小学校の全部であったが、1950年(昭和25年)、重富村の船津小学校校区の生徒は帖佐中学校へ越境通学することになった。1955年(昭和30年)、合併により姶良町が成立すると、さらに従来の町村境界を越えて校区が変更され、帖佐小学校校区の深水、三叉小学校校区の寺師・住吉集落が姶良町立山田中学校 山田中へ、建昌小学校校区の俵原・楠元・並木・松原下が姶良町立重富中学校 重富中へと変更になった。

吾平

概要 (Wikipediaから引用)

吾平町(あいらちょう)は、2005年まで鹿児島県本土の南東、大隅半島の中ほどにあった町。2006年1月1日、鹿屋市・輝北町・串良町と対等合併して、新市制の鹿屋市となった。現在は鹿屋市のうち旧吾平町域の大字に冠する地名である。キャッチフレーズは美里吾平(うましさとあいら)。 「吾平」の表記は、神代三山陵のひとつである吾平山上陵に由来する。同じ鹿児島県の姶良町(現在の姶良市)とは読みが全く同じである。 地理 北部は肝属平野の沖積平野、南部は肝属山地(国見山系)に大別される。山地と平野の間にはシラス台地が広がる。国見山系を源とする姶良川・苫野川(肝属川水系)が北流する。2つの川は町中央部で合流し姶良川となり、町北端で肝属川に合流する。 集落の多くはシラス台地の外縁に分布している。 山 : 中岳(吾平富士) 河川 : 姶良川(肝属川支流) 地名 町内の地域区分には、住所の表記に使用される大字(明治時代以前の「村」に相当する)による区分と、小学校の学区を基にした区分がある。

相良

概要 (Wikipediaから引用)

相良(さがら、あいら) 相良(さがら) 相良(さがら)は、日本の地名、また姓。 相良町 - 静岡県榛原郡に属した自治体。現在は牧之原市の一部。 相良駅 - 相良町にあった静岡鉄道駿遠線の駅。 相良藩 - 江戸時代にのちの相良町の近辺を治めた藩。 相良町 (弘前市) - 青森県弘前市の地区。 相良村 - 熊本県球磨郡に属する自治体。 相良氏 - 日本の氏族。遠江国(現在の静岡県)の相良を発祥とし、肥後国(現在の熊本県)を治めた。 相良(あいら) 相良 - 熊本県山鹿市菊鹿町の地名。相良寺、天然記念物のアイラトビカズラがある。 関連項目 「相良」で始まるページの一覧 相楽(相柄、左柄、佐柄、相原) 設楽(さがら、したら)de:Sagara en:Sagara es:Sagara pt:Sagara。