「あえ」とは?

言葉 詳細
阿恵

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あえる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

逢う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

和える

概要 (Wikipediaから引用)

和える(あえる)は調理法の一つ。食材に調味料など味を加えるものを入れて混ぜ合わせることをいう。 「漬ける」場合と違い、材料と合せてから余り時間を置かずに提供する場合が多い。また、団子に小豆餡などを混ぜる場合はなぜか「和える」とは言わず「まぶす」と言うようである。 材料は、熱いまたは温かいものは決して使用しない、また、和える前に材料の水気を切るのが鉄則である。 なお、和え物は、伝統的な日本料理では、主菜になることはない。 和え物 芥子和え(からしあえ) 茹でた青菜、ナス、肉などをからし醤油で和えたもの 味噌和え 野菜類、イカなどを味噌(胡麻やネギなどを加える場合もある)で和えたもの 木の芽和え 筍、山菜、イカなどを木の芽味噌(白味噌、刻んだ木の芽(若い山椒の葉)と味醂を合せたもの)で和えたもの。

遭う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あう

概要 (Wikipediaから引用)

『阿吽』より : 阿吽(あうん、संस्कृतम्: अहूँ 、a-hūṃ)は仏教の呪文(真言)の1つ。悉曇文字(梵字)において、阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音であり、そこから、それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされた。 また、宇宙のほかにも、前者を真実や求道心に、後者を智慧や涅槃にたとえる場合もある。 次いで、対となる物を表す用語としても使用された。特に狛犬や仁王、沖縄のシーサーなど、一対で存在する宗教的な像のモチーフとされた。口が開いている方を阿形(あぎょう)、閉じている方を吽形(うんぎょう)と言う。 転じて、2人の人物が呼吸まで合わせるように共に行動しているさまを阿吽の呼吸、阿吽の仲などと呼ぶ。 関連項目 オーム ΑΩ アヌ アイコンタクト - 非言語コミュニケーション 同期 シンクロ。

合える

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

会える

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

合う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

遇う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

会う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

逢える

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。