「あえろふろーと」とは?

言葉 詳細
アエロフロート

概要 (Wikipediaから引用)

アエロフロート・ロシア航空(ロシア語 Аэрофлот — Российские авиалинии; 英語 Aeroflot Russian Airlines)は、ロシア連邦の民間航空会社であり、東ヨーロッパで1位の規模である。ロシア語でアエロ(Аэро)とは「航空」、フロート(Флот)とは「艦隊」を示す言葉である。 モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港を拠点とし、世界95都市に就航している。 コードデータ IATA航空会社コード:SU ICAO航空会社コード:AFL コールサイン:Aeroflotなお、「SU」はソビエト連邦 (Soviet Union) の名残。 1923年 - 前身である株式会社「ドブロリョート」が創立される 1932年 - ソ連政府の民間航空管理局が創設、正式名称としてアエロフロートの名称が使われる 1967年 - 東京にツポレフTu-114で初飛来(東京・モスクワ路線を日本航空と共同運航) 1970年 - 東京・モスクワ線でアエロフロートと日本航空がそれぞれ単独運航を開始 1973年 - 新潟・ハバロフスク間に就航(のちにダリアビア航空に移管され、現在ではウラジオストク航空が運航) 1977年 - Tu-144の定期旅客便がモスクワ・アルマトイ(当時はアルマアタ、カザフスタン)線で運航されるが、翌年に休止 1978年 - 成田国際空港開港によりアエロフロートも発着地を変更 1980年 - モスクワオリンピックのオフィシャルキャリアに任命 1989年 - IATA加盟 1991年 - アエロフロート・ソビエト航空設立。