「あおあお」とは?

言葉 詳細
あおあお

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

青あお

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

青々

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

青青

概要 (Wikipediaから引用)

『青青の時代』(あおのじだい)は、山岸凉子による日本の漫画作品。『comicトムプラス』(潮出版社)1998年5月号から2000年2月号まで掲載された。 作画や人物名・国名などの固有名詞については、作者の一連の作品と共通して『魏志倭人伝』等の歴史的資料を丁寧に参考にしている部分が多い。 ストーリーは、歴史的資料の記述をある程度踏まえながら、独自の世界を創出している。壱与⇔台与、照日女子⇔卑弥呼の対応で同じく『魏志倭人伝』の記述や『古事記』の記述を参考にしている部分が少なくない。 あらすじ 南の島に暮らす10歳の少女壱与と気の触れたばばさま。この祖母と孫はたいした身寄りも無く、村人からは厄介者扱いを受けていた。唯一の身寄りからも突き放されて失意の壱与は、ばばさまの病を治したい気持ちを逆手に取られ、村の少年たちに暴行されてしまう。 それから数日後、海の向こうから使者がやってきた。ばばさまは「聞こえさまの姉、照日女(ティラヒルメ)だ」という。使者に連れられた先の伊都国で壱与とばばさまを待っていたのは、御神託によって国家を統治する大和(やまたい)の巫女王、日女子だった。