「あおいばし」とは?

言葉 詳細
葵橋

概要 (Wikipediaから引用)

『京王線の新宿駅付近の廃駅』より : 京王線の新宿駅付近の廃駅(けいおうせんのしんじゅくえきふきんのはいえき)では、京王電鉄京王線の新宿駅から幡ヶ谷駅付近に、かつて存在した駅について記す。 京王線の新宿駅付近の廃駅一覧 京王線の幡ヶ谷駅以東は戦前、甲州街道上を走る併用軌道であった。新宿方の起点は新宿追分交差点に設けられていた。1927年(昭和2年)、新宿起点は追分交差点上から近隣に四谷新宿駅を建設して移転。1936年(昭和11年)、幡ヶ谷より新町までの間も玉川上水を暗渠とした上に専用軌道を敷設して移転したが、新町から四谷新宿までの間は依然として併用軌道のままであった。 しかし1945年(昭和20年)5月25日、新宿 - 初台間にある天神橋変電所が空襲の被害に遭ったため電圧が低下してしまい、新宿駅南口の跨線橋の坂を電車が上れなくなってしまった。このため同年7月24日、新宿西口の東横線予定地であった現在地にターミナルを移転した。またそれまでは、新宿駅周辺から幡ヶ谷駅の間には駅が数多く存在していたが、これも駅間が密接する区間については不要不急施設であるとして、同時に駅の統廃合を行った。