「あおきけんせつ」とは?

言葉 詳細
青木建設

概要 (Wikipediaから引用)

『青木あすなろ建設』より : 青木あすなろ建設株式会社(あおきあすなろけんせつ)は、日本の建設会社 1950年(昭和25年)に扶桑土木株式会社(後に、小松建設工業株式会社)として創業したあすなろ建設株式会社と、1947年(昭和22年)にブルドーザー工事として創業し、2001年(平成13年)12月に民事再生手続開始の申立てをした株式会社青木建設が、2004年(平成16年)4月に合併してできた。東京証券取引所一部上場。 高杉良の「小説ザ・ゼネコン」はバブル期前後の株式会社青木建設がモデルである。 沿革 株式会社青木建設 1947年(昭和22年)5月 - 大阪において、資本金300万円・従業員38人で「ブルドーザー工事株式会社」設立。関西を地盤に、高度成長と共に宅地造成や海洋土木工事で成長した。 1961年(昭和36年)10月 - 大阪証券取引所二部に上場。 1962年(昭和37年)7月 - 東京証券取引所二部に上場。 1964年(昭和39年)2月 - 東京、大阪両証券取引所の一部銘柄に指定される。