「あおこ」とは?

言葉 詳細
アオコ

概要 (Wikipediaから引用)

アオコ(青粉)とは、富栄養化が進んだ湖沼等において微細藻類(主に浮遊性藍藻)が大発生し水面を覆い尽くすほどになった状態、およびその藻類を指す。粒子状の藻体がただよって水面に青緑色の粉をまいたように見えることから、「青粉(あおこ)」と呼ばれるようになったと考えられる。 水の華の一形態で、藍藻だけではなく、緑藻やミドリムシによるものもアオコと呼ぶ場合もあるが、近年では藍藻主体である場合を指すことが多い。甚だしいものは、ペンキに喩えられるほど色が濃くなる。 かつて「アオコ」の呼称は、構成藻類の代表種 Microcystis aeruginosa の別名として使われた。この藍藻はガス胞を持ち、寒天質で覆われた群体を形成するため、アオコとして観測されやすい。 湖沼や環境、季節によって、観察される種は変化する。以下はよく見られる属名。 藍藻 ミクロキスティス属 Microcystis アナベナ属 Anabaena アナベノプシス属 Anabaenopsis緑藻 クロレラ属 Chlorella イカダモ属 Scenedesmus クラミドモナス属 Chlamydomonas 被害 アオコが発生すると様々な不都合が生じる。