「あおざさ」とは?

言葉 詳細
青笹

概要 (Wikipediaから引用)

青笹駅(あおざさえき)は、岩手県遠野市青笹町青笹にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)釜石線の駅である。 青笹駅を含む区間は、1914年(大正3年)4月18日に岩手軽便鉄道が遠野 - 仙人峠間を開通させた時にできたが、その時点ではまだ青笹駅は存在していなかった。青笹駅が開業するのは翌年、1915年(大正4年)9月1日のことであった。その頃は762 mm特殊狭軌の軽便鉄道であった。 1936年(昭和11年)8月1日に国有化されて国鉄の駅となった。その後は国鉄標準の1,067 mm軌間への改軌工事が進められた。しかし第二次世界大戦の戦局悪化に伴い労働力や資材が不足して改軌工事は一旦中止となった。1948年(昭和23年)9月にアイオン台風によって山田線が大きな被害を受けると、三陸海岸方面への鉄道連絡を早期に回復させるために釜石線の工事が再開されることになり、12月に再着工した。1950年(昭和25年)10月10日に、仙人峠を越える区間が完成して釜石線が全通するとともに、遠野 - 足ヶ瀬間の改軌工事が完成し、全区間を1,067 mm軌間の列車が運転されるようになった。