「あおち」とは?

言葉 詳細
青地

概要 (Wikipediaから引用)

青地 清二(あおち せいじ、1942年6月21日 - 2008年8月14日)は、北海道小樽市出身の元スキージャンプ選手。1942年6月21日 、北海道小樽市出身。小樽緑陵高校(現・北海道小樽商業高等学校 小樽商業高校)から明治大学を経て雪印乳業に所属。1967年の全日本スキー選手権大会ジャンプ90m級で優勝。1970年3月には宮の森ジャンプ競技場の当時のバッケンレコード85.5mを記録している。1968年のグルノーブルオリンピックにおけるスキージャンプ競技 グルノーブルオリンピックで五輪初出場。90m級で26位に終わる。(4年後の札幌オリンピックの開催が決まっていた日本は、この大会に過去最高の62選手を送り込んだが、メダルはおろか6位入賞すら果たせなかった。)1972年の札幌オリンピックにおけるスキージャンプ競技 札幌オリンピックで2度目の五輪出場を果たし、70m級で銅メダルを獲得。金メダルの笠谷幸生、銀メダルの金野昭次と共に日本人3人で表彰台を独占し「日の丸飛行隊」と呼ばれた。この時の2本目のジャンプは、空中でバランスを崩しかけた完全な失敗ジャンプであったが、そこから立て直し、驚異的な粘りを見せて77.5mまで飛距離を伸ばし、関係者を驚嘆させた。