「あおてんじょう」とは?

言葉 詳細
青天井

概要 (Wikipediaから引用)

『麻雀の得点計算』より : 青天井ルール(あおてんじょうルール)とは、麻雀の点数計算におけるルールのひとつで、特殊な計算方式によって和了点の算出を行うルールのこと。青天井と略される。 麻雀における通常の点数計算では、満貫(親12000/子8000)に達した時点で機械的な計算を打ち切り、飜数に応じてそれぞれ右表のように固定的な点数をあてはめてゆく。この方式を「満貫打ち切り」と言うが、これに対し青天井ルールでは、点数が満貫以上になっても満貫打ち切りをせず、満貫以上でも計算式どおりに得点を算出する。すなわち、1飜あがるごとに点数がどこまでも倍々になってゆく。 右表で言うなら、30符1飜は子で960点、切り上げて1000点である。1飜増えるごとに切り上げ前の点数が2倍になってゆき、通常の計算方式では、 1飜30符 = 00960点 ≒ 01000点 2飜30符 = 01920点 ≒ 02000点 3飜30符 = 03840点 ≒ 03900点 4飜30符 = 07680点 ≒ 07700点 5飜30符 = 満貫打ち切りで8000点というふうになる。