「あおばと」とは?

言葉 詳細
アオバト

概要 (Wikipediaから引用)

アオバト(緑鳩、学名:Treron sieboldii)は、ハト目ハト科アオバト属に分類される鳥。 かつてはキジバトと同様に「ヤマバト」とも呼ばれていたようである。また、種小名は、テミンクがシーボルトへ献名したものである。 分布 中国、台湾、日本 本州、四国、九州で繁殖する留鳥。北海道では夏鳥(6月初旬に道内に飛来し秋になると本州へと渡る)、南西諸島や台湾、中国では冬鳥。 形態 全長33cm。名前の通り全体的にオリーブ色だが、オスは頭から胸にかけてが黄色、腹はクリーム色、肩から羽が暗赤色。一方メスはそれらの箇所もオリーブ色である。虹彩は青色。 Sibley分類体系上の位置 本種は従来の分類とSibley-Ahlquist鳥類分類において分類上の位置に変化はない。 生態 広葉樹林や針広混交林を好み、単独~多い時は10羽程度の群れを作って行動する。 「オーアーオー」等と聞こえる独特の声で鳴く。樹上に木の枝を束ねた皿型の巣を作る。 植物食で果実や種子等を食べる。 6月頃に乳白色の卵を産む。一腹卵数は2卵。現在、繁殖が確認されているのは日本のみ。

緑鳩

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。