「あおみ」とは?

言葉 詳細
青海

概要 (Wikipediaから引用)

青海(せいかい、Qinghai、チベット語: མཚོ་སྔོན་ 転写:mTsho-sngon、モンゴル語: Хөхнуур、ᠬᠥᠬᠡᠨᠠᠭᠤᠷ 転写:Kökenaγur、満州語: ᡥᡠᡥᡠᠨᠣᠣᠷ 転写:Huhu noor)は、清朝の雍正帝がグシ・ハン一族を屈服させたのち、チベットの東北部に成立させた地域的枠組み。チベット高原の中央部に分布する遊牧民の居住地域が、1724年 - 1732年に行われた雍正のチベット分割により南北に分割されることによって成立。 アムド地方の西部・中央部とカム地方の北部から成る。 清朝時代は藩部に区分され、理藩院の管轄を受けた(のちに、中華民国の国民政府の時代、河西回廊の一部とあわせて青海省が設けられた)。 中華民国以降の青海地方については青海省 (中華民国)、青海省等を参照。 地理 河西回廊の西南部、四川地方の西部に位置する。チベット人の地理区分では、アムド地方の中央部から西北部を占める。モンゴル人は、この地のモンゴル人をデートモンゴル(高地モンゴル)と呼ぶ。 前史 オイラト部族連合の盟主でホショト部の部族長であったトゥルバイフ(グシ・ハン)は1637年 - 1642年にかけてツァントェ王、ペリ王、チョクト・ホンタイジ等チベット各地の有力諸侯を攻滅ぼすと、ヤルンツァンポ河流域をダライ・ラマ領としてダライ・ラマ5世に寄進し、チベット東北部の青海草原に自分たちの皇子たちと靡下のオイラト(青海ホショト)兵たちを配置、その他の各地(代官を派遣して統治する直轄地や諸侯に対する支配権)を自身の皇子たちに分配した。

碧海

概要 (Wikipediaから引用)

『名鉄西尾線』より : 碧海電気鉄道(へきかいでんきてつどう)は、愛知県下において現在の名鉄西尾線の大部分(新安城 - 西尾間15.0 km)に相当する路線を敷設・運営した鉄道事業者である。 本項では、事業者としての碧海電気鉄道のほか、同社が敷設・運営した鉄道路線(「碧海電気鉄道線」と記す)についても詳述する。 愛知電気鉄道豊橋線(現・名鉄名古屋本線の一部)の今村(現・新安城)を起点として、愛知県南東部に位置する幡豆地方の中心都市であった西尾とを結ぶ鉄道路線を敷設・運営するため、1925年(大正14年)5月に設立された事業者である。1926年(大正15年)7月に今村 - 米津間にて暫定開業し、1928年(昭和3年)10月に今村 - 西尾間が全線開通した。終点の西尾においては愛知電気鉄道の西尾線と接続し、同日より西尾線吉良吉田まで直通運転が開始された。 親会社である愛知電気鉄道と名岐鉄道との合併による現・名古屋鉄道(名鉄)発足後は名鉄の子会社となったのち、1944年(昭和19年)3月に碧海電気鉄道は名鉄へ吸収合併された。

あおみ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

青み

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あおむ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

青む

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。