「あかいがわ」とは?

言葉 詳細
赤井川

概要 (Wikipediaから引用)

赤井川村(あかいがわむら)は、北海道後志総合振興局管内、余市郡にある村である。面積の大部分が山地の森林で、北西のカルデラ盆地に村の中心と農地が広がる。盆地内特有の内陸型気候で積雪が多く、道内でも有数の豪雪地帯となっている。死火山ではあるが噴火口に人が住む日本で唯一の村である。 「日本で最も美しい村連合」の一つ。 村の名前の由来はアイヌ語の「フレ・ベッ」(赤い・川)の意訳。 地理 小樽市の南西に位置する。北西部にきれいな円を描くカルデラ地形があり、南に口を開け、赤井川が流れ出る。このカルデラ盆地が村の中心である。 東半は森林山岳地帯である。東の札幌市とは余市岳、北の余市町とは大登山、南の倶知安町とは本倶登山などの山で隔てられる。西を除く三方向を山で囲まれる地勢である。 東部の北側に余市川、同じく南側川に白井川がそれぞれ東から西に向かって流れ、村の中央部で合流する。余市川は、さらに赤井川をあわせてから西隣の仁木町に流れていく。 山 : 余市岳、本倶登山、大登山 河川 : 余市川、小樽川(otarnay, otaornay)、白井川、赤井川(hurepet) 1899年(明治32年) - 余市郡大江村(現:仁木町)より分村し、赤井川戸長役場を設置。

赤イ川

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。