「あかえ」とは?

言葉 詳細
赤江

概要 (Wikipediaから引用)

赤江 瀑(あかえ ばく、本名:長谷川 敬〈はせがわ たかし〉、1933年4月22日 - 2012年6月8日)は、日本の小説家。主に芸能や工芸の世界を舞台にした、耽美的、伝奇的な作風で、熱烈な支持者を持つ。 『オイディプスの刃』で第1回角川小説賞を受賞、『海峡』『八雲が殺した』で泉鏡花文学賞を受賞している。 1933年 山口県下関市で、教員の両親の間に6人兄弟の次男として生まれる。本名:長谷川敬。戦争中は豊浦郡豊東村に疎開。 1952年 溝口健二に憧れ映画監督を志し、日本大学藝術学部演劇科に入学。在学中は詩の同人誌「詩世紀」に参加。その後「個人的な芸術作業」への関心が深まって、映画への意欲が薄れ、1955年に中退する。 1958年 ラジオドラマの懸賞募集に入賞したことをきっかけに放送作家となり、主にNHK中国管区のラジオ、TVドラマ、ドキュメンタリーなどを手掛ける。 1968年 明治百年記念懸賞演劇脚本募集(毎日新聞社主催、松竹後援)に「大内殿闇路」(長谷川敬名義)を応募、最終選考13篇に残り「大劇場用演劇制作の力量を備えている」との選評で小説を書く決心をする。

赤絵

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。