「あかおか」とは?

言葉 詳細
赤岡

概要 (Wikipediaから引用)

赤岡町(あかおかちょう)は、高知県のほぼ中央に位置していた町で、日本の市区町村の中で最も面積が小さい自治体であったが、2006年3月1日に香南市となり、その座を譲った。 人口は3000人強しか無かったが、非常に狭い町であるため、1km²当たりの人口密度は福岡県北九州市とほぼ同じであり、ほぼ全域が市街地となっている。市街地は太平洋に沿って隣接する旧吉川村・旧香我美町岸本、旧夜須町南部とほぼ一体化している。特産物としてイワシの稚魚どろめが有名。この小さな町に、小中高校、警察署、鉄道駅、銀行の支店が2つ、さらに競艇場外舟券売場がある。 地理 山: 北部に須留田山、香取山、轟山など標高20~30m の丘陵があるほかはほぼ平坦である。 河川: 香宗川 隣接していた自治体 野市町、香我美町、吉川村 赤岡の名の起こりは、その昔、沖合から見ると一帯が赤く盛り上がった丘のように見えたことからといわれる。