「あかた」とは?

言葉 詳細
赤田

概要 (Wikipediaから引用)

赤田 将吾(あかだ しょうご、1980年9月1日 - )は、鹿児島県曽於郡大崎町出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。 プロ入り前 鹿児島県曽於郡大崎町出身。出身地の大崎町が野球よりソフトボールが盛んだったこともあり、同郷の先輩である福留孝介と同様に中沖小学校時代はソフトボールをしていた。大崎中学校を経て、日南学園高校に進学。高校時代はレギュラーではなかったが、試合前のシートノックの時に赤田のフィールディングを見ていたプロ野球チームのスカウトが、同高校の監督に守備のうまさを指摘したところ、レギュラーとして起用されるようになったという。 1998年のプロ野球ドラフト会議で西武ライオンズから2位指名を受けて入団。同期に松坂大輔、星野智樹らがいる。 西武時代 1999年、フレッシュオールスターゲームに先発出場し1軍にも昇格、13試合に出場し、打撃は振るわなかったが5盗塁を記録した。