「あかねいろ」とは?

言葉 詳細
茜色

概要 (Wikipediaから引用)

茜色(あかねいろ)とは、薬用・染料植物であるアカネの根で染めた、沈んだ赤色のこと。暗赤色。夕暮れ時の空の形容などに良く用いる。 アカネは根にアリザリン成分を含み、世界でも古代から利用された歴史の古い染料である。アカネを染料として得る色には他に、緋色があるが、こちらは鮮やかな赤色で茜色よりはるかに明るい。やや明るい茜色を英語ではマダー(madder:セイヨウアカネのこと)と呼ぶ。 日本では上代から既に染料として使用され、茜染の色合いから「紫」「日」などの枕詞として『万葉集』でおよそ11首詠まれている。 日本工業規格においては、JIS慣用色名の1つとして以下のようにマンセル値で色が定義されている。 色材と特性 日本茜が属する茜科には六千種近い種類があり、それぞれ茶色と黄色の染料として使用可能なコーヒーやクチナシもこの科に属する。 日本茜のオレンジ色の根には、鮮やかな緋色を出す赤色色素パープリンのほかにも何種類もの化学物質が含まれている。これらの化学物質から色素を抽出するのはかなり手間がかかるため、緋色の染色法は江戸時代初期に一度途絶え、茜の色といえば暗い赤色になった。

茜いろ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。