「あかひら」とは?

言葉 詳細
赤平

概要 (Wikipediaから引用)

赤平市(あかびらし)は北海道の空知地方中部・空知川流域に位置する市である。かつて石炭産業で栄え最盛期には59,430人の人口(1960年)を擁した町であったが、その衰退により現在の人口は激減。地域経済の建て直しに取り組み、ズリ山・立坑などの炭鉱産業遺産を生かした観光に力を入れている。 市名の由来 「赤平」はアイヌ語で「山稜のガケ」を意味する「アカピラ」、あるいは「飲み水のある崖」を意味する「ワッカ・ピラ」に由来する。 地理 北海道空知総合振興局管内中央部(中空知)に位置する。市域には空知川が東から西にむかって蛇行しながら流れている。かつては歌志内方面から茂尻に開拓が進んだが、現在は空知川沿いに市街地が広がっている。 川と平行する形で根室本線、国道38号線が走っており、日高山脈越えの国鉄石勝線及び国道日勝峠ルートが開通するまでは道東と道央を結ぶ重要な交通路であった。 山:イルムケップ山、赤平山、神威岳 河川:空知川、ナエ川、ハクシュオモナイ川、幌倉川、赤間沢川、ペンケキプシュナイ川、桂川、ゴリョウ川 隣接している自治体 歌志内市、砂川市、滝川市、深川市、芦別市 市内の地域区分 1891年 入植開始 1906年4月1日 空知郡歌志内村、二級町村に指定 1918年 茂尻炭礦開坑 1919年4月1日 歌志内村、一級町村に移行 1922年4月1日 歌志内村より分立し、空知郡赤平村施行。