「あかまつ」とは?

言葉 詳細
赤松

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

アカマツ

概要 (Wikipediaから引用)

『マツ』より : アカマツ(赤松、学名:Pinus densiflora)は、マツ科マツ属の常緑針葉樹である。複維管束亜属(いわゆる二葉松)に分類される。別名はメマツ(雌松)。 目に触れる機会の多いマツである。文字通り樹皮が赤いのでこの名が付いている。クロマツと非常によく似ているが、葉がやや細く柔らかく、手で触れてもクロマツほど痛くない。そのためクロマツが「雄松」と呼ばれることに対比して、「雌松」と呼ばれることもある。また、成長すると樹皮が鱗状に剥がれるのはクロマツと同じだが、アカマツではこれがより薄く、赤っぽくなる。 樹皮は赤褐色で、傷をつけると粘りのある樹液が出て、後に淡黄色の塊になる。葉は、針状で2本ずつ束生しており、基部は灰褐色の鞘状の鱗片がある。ヤニ臭がある。 日当たりの良い場所を好み、種から初めの2〜3年は生長が鈍いが、以後急に伸びる。 分布 日本産のマツの中でもっとも広い範囲に分布し、天然状態では本州・四国・九州・朝鮮半島・中国東北部などに分布するほか、北海道にも植林されている。