「あかみ」とは?

言葉 詳細
赤見

概要 (Wikipediaから引用)

赤見軽便鉄道(あかみけいべんてつどう)とは、栃木県足利市の両毛線富田駅 (栃木県) 富田駅と足尾山地南端の石灰岩の産地である栃木県佐野市出流原(いずるはら)町を結んでいた軽便鉄道とその運営会社である。後に赤見鉄道と改称した。営業開始当初より営業成績が振るわず、後に出流原弁財天を含めた観光開発も検討されたが実行できないまま営業停止した。※運行停止時点 路線距離: 6.4km 軌間:762mm(2フィート6インチ) 駅数:5駅(起終点含む) 電化区間:なし(全線非電化)蒸気機関車2両、客車2両、貨車16両所要時間28分 1915年(大正4年)4月28日 富田駅 - 出流原が開業。 1922年(大正11年)赤見鉄道に改称。 1923年(大正12年)8月9日 出流原 - 彦間川間1.1kmを貨物専用線として延伸。

赤身

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あかみ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

赤み

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。