「あかむら」とは?

言葉 詳細
赤村

概要 (Wikipediaから引用)

赤村(あかむら)は、福岡県の東部に位置する村である。田川郡に属しており、筑豊を構成する自治体の一つでもある。福岡県内で2つしかない村の一つである(もう一つは東峰村)。 地理 福岡県の東部にして筑豊の東端部、筑豊と京築を分かつ内陸部の山地の中に位置し、福岡市から真東へ約40km、北九州市から真南へ約30km、行橋市から南西へ20kmの位置にある。村域内を平成筑豊鉄道田川線が通り、村の中央部でカーブする形で東から北西へ向かって貫いている。経済的に北九州都市圏に属し、5%通勤圏に属している。 隣接する市町村 田川郡香春町・大任町・添田町 京都郡みやこ町 近現代 1887年 上赤村、下赤村、山浦村が合併し、赤村となる。 大内田村、小内田村が合併し、内田村となる。 1889年4月1日 - 町村制の施行に伴い、赤村と内田村が合併、村制施行。 1945年8月7日 - 午前11時50分頃、6機からなる米軍機の編隊による空襲を受ける。