「あがつまがわ」とは?

言葉 詳細
吾妻川

概要 (Wikipediaから引用)

吾妻川(あがつまがわ)は、群馬県を流れる一級河川。利根川の支流である。 地理 群馬県吾妻郡嬬恋村大字田代の長野県との境界に位置する鳥居峠に源を発する。吾妻郡内を東に流れ、渋川市白井と渋川市渋川の境界で利根川に合流する。水路式発電所が17箇所あり、出力は15万kwである。 水質 草津温泉や万座温泉などを起源とする強酸性の水が流れ込み水質はきわめて強い酸性である。周囲の鉱山からの硫黄も含まれ、魚はほとんど生息しない死の川であった。支流には普通の水が流れるものが多く、そこではサクラマスなどが生息する。雪解け水で酸性度が低くなったときに入り込んだものと言われる。昭和中期に草津町に中和工場が建設され、川に石灰を注入することで水質が安定した。現在は下流部でアユ漁なども行うことができる川となっている。 吾妻川の流域には縄文時代の遺跡が多数分布する。その中には、漁網の錘である石錘が発見された遺跡と、それが見つからない遺跡がある。石錘がない遺跡は吾妻川本流沿いに多く、最寄りの川の水が酸性の場所で、水質による漁の可否が当時からあったようである。