「あがほ」とは?

言葉 詳細
英賀保

概要 (Wikipediaから引用)

英賀保駅(あがほえき)は、兵庫県姫路市飾磨区山崎にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線の駅である。飾磨区唯一のJR駅ではあるが、飾磨区の中心駅は山陽電気鉄道の飾磨駅であり、当駅ではない。 1911年(明治44年)11月1日 - 国有鉄道山陽本線の姫路駅 - 網干駅間に、当駅の前身である英賀保信号所が開設される。 1913年(大正2年)4月15日 - 信号所から駅に格上げされ英賀保駅として開業。旅客・貨物の取扱を開始。 1961年(昭和36年)10月1日 - 貨物の取扱を廃止。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。 1992年(平成4年)11月 - みどりの窓口営業開始。 2003年(平成15年)11月1日 - ICカードICOCA供用開始。 2015年(平成27年)3月13日 - みどりの窓口の営業を終了。 2015年(平成27年)3月14日 - みどりの券売機プラスが稼働。 駅構造 12両編成対応の単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線を持つ地上駅になっている。