「あがりた」とは?

言葉 詳細
揚田

概要 (Wikipediaから引用)

揚田 亜紀(あがりた あき、旧芸名:あがりた 亜紀→揚田.あき、1972年6月7日 - )は日本の実業家、タレント、グラビアモデル。生まれは和歌山県で、育ちは千葉県。 小さい頃からアイドル歌手に憧れ、オーディションを受けまくった。1990年、18歳のときに雑誌「Momoco」にモモコクラブのメンバーとしてグラビアに登場した。山口百恵を育てた元ホリプロ関係者にスカウトされ芸能界入り。「第二の山口百恵」「今世紀最大の美女」のキャッチフレーズで「あがりた亜紀」の名前でタレント、グラビアモデルとしてデビュー、CD「ARIGATAYA」も発売した。その後は、バラエティー番組やテレビドラマを中心に活躍し、テレビニュースのレポーターとしても活動した。アイドル時代は過激なダイエットから容貌が激変し、母親が揚田だと分からなかったこともあったという。デビューから4年経った22歳のころ、「健康と美容とダイエットの三つがそろわないとだめなんだ」ということを自覚し、生搾りのケールの青汁を毎日1杯飲むようになったという。