「あきいむろ」とは?

言葉 詳細
安芸飯室

概要 (Wikipediaから引用)

安芸飯室駅(あきいむろえき)は、広島県広島市安佐北区安佐町飯室に存在した西日本旅客鉄道(JR西日本)可部線の駅(廃駅)である。 可部線非電化区間(可部 - 三段峡間)の廃線に伴い、2003年(平成15年)12月1日に廃止された。 駅構造 1面2線の島式ホームと1線の側線(行き止まりの留置線)を持つ地上駅であった。晩年には、可部駅・三段峡駅間で列車交換が可能な駅は加計駅と当駅の2駅のみであった。 晩年は無人駅であったが、平屋建ての駅舎がホームの南側にあった。駅舎とホームは下り線を渡る通路で結ばれ、通路はホームの東側に繋がっていた。 利用状況 以下の情報は、広島市統計書及び広島市勢要覧に基づいたデータである。 以上の1日平均乗車人員は、乗車数と降車数が同じであると仮定し、年度毎総数を365(閏年が関係する1971・1975年は366)で割った後で、さらに2で割った値を、小数点第二位で四捨五入。