「あきこ」とは?

言葉 詳細
秋子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

亜紀子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

暁子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

アキ子

概要 (Wikipediaから引用)

アキ子(1949年 - 2006年7月24日)は、タイ出身のメスのアジアゾウである。 1954年に来日し、アキ子と名付けられる。5歳年上のキク子(1950年来日)とともに阪神パークで人気を集める。2003年の閉園後には千葉県の市原ぞうの国に引き取られ、晩年を過ごした。 老衰のため2006年7月24日に57歳で死去。

晶子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

顕子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

映子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

朋子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

昭子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

昌子

概要 (Wikipediaから引用)

昌子内親王(しょうし(まさこ)ないしんのう 、天暦4年(950年) - 長保元年12月1日(1000年1月10日))は、平安時代中期の皇族。朱雀天皇第一皇女で、母は女御煕子女王。冷泉天皇の中宮となる。 生涯 父天皇退位後の天暦4年(950年)に誕生、同年8月10日内親王宣下を受ける。母煕子女王は生後間もなく死没、父の上皇も一人娘昌子内親王の行く末を案じつつ、同6年(952年)に30歳の若さで崩御する。幼くして両親を亡くした内親王は叔父村上天皇から手厚い庇護を受け、応和元年(961年)12月に宮中承香殿で初笄を行い、宸筆により三品に叙された。 応和3年(963年)2月、14歳で皇太子憲平親王に入内し、康保4年(967年)親王即位(冷泉天皇)に伴い中宮に冊立された。しかし天皇は在位わずか2年で退位。その後、内親王は天禄4年(973年)7月皇太后、寛和2年(986年)7月太皇太后に転上した。長保元年(1000年)12月1日橘道貞の三条宅で病のため崩御。享年50。和歌が『新古今和歌集』などに入集する。 冷泉天皇には狂気じみた振る舞いが多く、しかも後見人の少ない内親王は摂関家の女性に遠慮して殆ど里邸に過ごしたが、資質淑慎で后妃の徳ありと言われ、篤く仏教に帰依した后だった。

麻季子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

曉子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

章子

概要 (Wikipediaから引用)

『チャン・ツィイー』より : 章子怡(チャン・ツィイー、チャン・ツーイー、1979年2月9日 - )は、中国の女優。身長164cm。体重48kg。 中国では、趙薇(ヴィッキー・チャオ)、徐静蕾(シュー・ジンレイ)、周迅(ジョウ・シュン)と共に四小名旦(四大若手女優)と呼ばれる。 生い立ち 北京で電信局職員の父親と幼稚園教諭の母親のもとに生まれる。体が細かったため「丈夫になって欲しい」という母の勧めで8歳から舞踏を始め、11歳のとき北京舞踊大学附属中学に合格し、16歳で全国青年ダンス・コンテストで優勝した。中学校卒業後、北京の名門演劇学校中央戯劇学院に入学。1994年に全国桃李杯舞踏コンクールで演技賞を受賞した。 キャリア 1996年にテレビドラマ『星に願いを〜星星点灯』(放送時は『蛍火』)の主役で女優としてデビュー。1999年にチャン・イーモウ監督の『初恋のきた道』で語り手である青年の母の少女時代(この映画の主人公)を演じ、映画初出演を果たす。

明希子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

安喜子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

璋子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

晃子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

明子

概要 (Wikipediaから引用)

明子女王(あきこじょおう、寛永15年(1638年) - 延宝8年7月8日(1680年8月2日))は、江戸時代前期の日本の皇族。高松宮好仁親王の王女として生まれ、後西天皇の女御となる。母は北ノ庄藩主・松平忠直の娘で徳川秀忠の養女の宝珠院寧子。 父王の好仁親王は、明子女王の生まれた寛永15年(1638年)に、男子の無いまま薨去した。このため、後水尾天皇第6皇子の秀宮を親王宣下して良仁親王(ながひとしんのう:後西天皇)となし、高松宮を継承させた。その良仁親王の妃に明子女王は内定する。慶安4年(1651年)良仁親王の元服に伴い婚儀が行われ、御息所となり、3年後の承応3年(1654年)6月に八百宮(後の誠子内親王)を産む。同年9月20日、後光明天皇が崩御、本来高貴宮(霊元天皇)が皇嗣と定められていたが、高貴宮はまだ幼少であったため、良仁親王が皇位に就くこととなった。親王は同年11月に践祚し、明暦元年(1655年)1月に即位する。明子女王はその年の5月14日に長仁親王(後、八条宮を継承する)を産む。後西天皇即位後、明子女王は女御宣下のないまま女御と称されていたが、明暦2年(1656年)に女御宣下される。

尭子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あきこ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

安希子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

朗子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

彰子

概要 (Wikipediaから引用)

『藤原彰子』より : 藤原 彰子(ふじわら の しょうし/あきこ、永延2年(988年) - 承保元年10月3日(1074年10月25日)は、第66代一条天皇の皇后(号は中宮)。第68代後一条天皇・第69代後朱雀天皇の生母(国母)、女院。院号を上東門院(じょうとうもんいん)といい、のちには大女院(おおにょいん)とも呼ばれた。 女房に『源氏物語』作者の紫式部、王朝有数の歌人として知られた和泉式部、歌人で『栄花物語』正編の作者と伝えられる赤染衛門、続編の作者と伝えられる出羽弁、そして「古の奈良の都の八重桜 けふ九重に匂ひぬる哉」の一句が有名な歌人の伊勢大輔などを従え、華麗な文芸サロンを形成していた。 系譜 藤原道長の長女。母は左大臣源雅信の女・倫子(964-1053)。同母弟妹に関白太政大臣頼通(992-1074)・同教通(996-1075)と、三条天皇中宮妍子(994-1027)・後一条天皇中宮威子(999-1036)・後朱雀天皇妃嬉子(1007-1025)が、また異母弟には右大臣頼宗・権大納言能信・同長家らがいる。

安芸子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

阿紀子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

亜希子

概要 (Wikipediaから引用)

亜希子(あきこ、1989年8月18日 - )は、日本の女優、歌手であり、女性アイドルグループSDN48の元メンバーである。本名、大木 亜紀子(おおき あきこ)。趣味は読書。特技は作文・バスケット・持久走・料理。 千葉県出身。奈津子は双子の姉である。 千葉市立天戸中学校卒業。千葉県立検見川高等学校を経て、日出高等学校卒業。 2005年、奈津子とともに知り合いの紹介でスカウトされ芸能界入り。『唐沢寿明 Presents 記憶の力 II』でデビュー。 ドラマ『野ブタ。をプロデュース』で女優デビューを果たす。 2008年12月20日、研音を離れ、ウイントアーツに所属。 2010年5月15日、奈津子とともにSDN48の2期生として活動開始。 2011年6月1日、奈津子とともにDig-esTに移籍。 2012年3月31日、NHKホールで行われた『SDN48 コンサート「NEXT ENCORE」 in NHKホール』をもってSDN48を卒業。

曄子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

アキコ

概要 (Wikipediaから引用)

アキコ・カンダ(本名:神田 正子(かんだ まさこ)、1935年10月24日 - 2011年9月23日)は、埼玉県大宮市(現:さいたま市)出身の舞踊家、ダンサー、振付家。 7歳からダンスを始め石井小浪に師事。日本女子大学在学中の1956年にニューヨークのマーサ・グレアム舞踊学校に入学、9カ月後カンパニー・メンバーに昇格し、同舞踊団で活躍し1962年に日本へ帰国した。 1985年には羽田澄子監督による映画『AKIKO-あるダンサーの肖像-』が制作され第1回東京国際映画祭カネボウ女性映画週間参加作品として上映されている。 2006年には宝塚音楽学校講師45周年記念の公演が行われ安奈淳、峰さを理、和涼華などと競演した。 2011年9月23日、肺炎のため東京都目黒区の病院で死去。75歳没。肺がんの治療を行いながら、同年9月11日まで舞台を務めていた。 息子は作家の榊邦彦。 主な受賞歴 芸術祭賞(1969年) 芸術祭大賞(1974年) 舞踊批評家協会賞(1982年、1995年) 芸術選奨文部大臣賞(1988年) 紫綬褒章(1998年) 東京新聞舞踊芸術賞(2001年) 旭日小綬章(2007年) 関連書籍 『AKIKO』 - 篠山紀信撮影の写真集(2006年) 脚注 外部リンク アキコカンダモダンスタジオ タウン誌 Acoreおおみや 電子書籍 特集「アキコ・カンダの世界」。

あき子

概要 (Wikipediaから引用)

暲子内親王(あきこないしんのう、保延3年4月8日(1137年4月29日) - 建暦元年6月26日(1211年8月6日))は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての皇族。初めて后位を経ずに女院となり、八条院(はちじょういん)と号した。 系譜 鳥羽天皇の皇女で、母は美福門院(皇后・藤原得子)。近衛天皇は同母弟、崇徳・後白河両天皇は異母兄にあたる。ほかに母を同じくする姉妹に、早世した叡子内親王と二条天皇中宮となった姝子内親王(高松院)がいる。 終生、未婚であったが、甥の二条天皇の准母となったほか、以仁王とその子女、九条良輔(兼実の子)、昇子内親王(春華門院、後鳥羽上皇の皇女)らを養育した。以仁王は八条院の猶子であり、王が八条院女房・三位局との間に儲けた子女のうち、男子は東寺長者・僧正となった安井宮道尊であり、女子は三条姫宮と呼ばれた。九条良輔は2歳、昇子内親王は生後3ヶ月ほどで、いずれも幼くして八条院の養子女となり、その著袴・元服などは女院御所で行われた。

亮子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。