「あきた」とは?

言葉 詳細
飽田

概要 (Wikipediaから引用)

飽田郡(あきたぐん)は、熊本県(肥後国)にあった郡。 郡域 1879年(明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。 熊本市 中央区の一部(概ね黒髪・島崎・横手および坪井・段山本町の各一部) 西区の全域 南区の大部分(概ね上ノ郷、刈草、合志、白藤、八幡、川尻、野田、中無田町、富合町小岩瀬、美登里町、川西町より北西) 北区の大部分(植木町各町を除く) 宇土市の一部(走潟町) 近世以降の沿革 明治初年時点では全域が肥後熊本藩領であった。「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での村は以下の通り。(2町176村) 坪井村、竹部村、下立田村、宇留毛村、陣内村、上立田村、弓削村、麻生田村、亀井村、万石村、松崎村、室園村、打越村、津浦村、高平村、高平下村、高平打出村、徳王村、山室村、大窪村、飛田村、馬出村、上野村、御馬下村、長峰村、鶴羽田村、梶尾村、西梶尾村、鹿子木村、楠原村、楠古閑村、糸山村、原口村、井上村、大鳥居村、津留村、立石村、尾当村、前原村、小糸山村、上古閑村、坂下村、釜尾村、五町村、古閑村、赤水村、小桑鶴村、桑鶴村、河東村、庄村、田畑村、古市村、豆尾村、柚木村、田上村、中尾村(現・北区)、北迫村、立福寺村、太郎迫村、万楽寺村、大多尾村、東門寺村、野出村、岳村、面木村、平山村、近津村、河内村、船津村、白浜村、京町村、岩立村、長迫村、西原村、富尾村、北島村、柿原村、池亀村、井芹村、中尾村(現・西区)、牧崎村、宮内村、島崎村、谷尾崎村、新村(現・西区)、池上村、高橋村、上代村、大塘村、下代村、半田村、薬師町村、小島村、小島町、下松尾村、上松尾村、方近村、今新開村、中島村、山下村、迎五町村、孫代村、砂原村、今村(現・南区合志)、戸坂村、横手村、筒口村、春日村、久末村、阿弥陀寺村、田崎村、八島村、古町村、宮寺村、蓮台寺村、新土河原村、島新村、島村、荒尾村、拾三村、土河原村、今村(現・南区八分字町)、刈草村、池畑村、椎田村、中椎田村、南椎田村、権藤村、五町新開村、上白石村、妙実村、上大保村、大保村、渋江村、白石村、牟田口村、浜口村、南正保村、西正保村、東正保村、野田村、上小岩瀬村、下小岩瀬村、河尻町、北中牟田村、今村(現・南区中無田町)、南中牟田村、江中島村、上海氏村、下海氏村、新村(現・南区)、平木村、北走潟村、東走潟村、西走潟村、南走潟村、三ヶ村、方丈村、八町村、五町村、弐町村、弐拾町村、惟重村、下奥古閑村、中奥古閑村、上奥古閑村、北奥古閑村、東銭塘村、南銭塘村、西銭塘村、北銭塘村、道古閑村、内田新開村、上内田村、下内田村、鵜森村、西新開村、沖新村(現・西区) 明治初年 - 干拓地に川口出村・沖新村(現・南区)・浦田村・畠口村が起立。

秋田

概要 (Wikipediaから引用)

秋田(あきた) 地名 秋田県 秋田市 秋田駅 自動車のナンバープレートに表記される国土交通省運輸局記号。秋田県秋田市に所在する「東北運輸局秋田運輸支局」を示す。 秋田書店の略称。 秋田 (小惑星) 日本人の姓のひとつ。 武家の秋田氏については秋田氏を参照。 関連項目 秋田で始まる記事の一覧。