「あきたこまち」とは?

言葉 詳細
アキタコマチ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あきたこまち

概要 (Wikipediaから引用)

あきたこまちとは、日本のイネの栽培品種の1つである。1984年に秋田県の奨励品種に採用された。 秋田県が独自の良食味品種を目指して開発した品種であるが、そもそもの由来が福井県交配種子を用いて育成されたため、種苗法による品種登録はされていない。そのため、知的財産としての裏付けはなく、隣県の岩手県をはじめ、関東、中四国、九州地方まで広く栽培されている。1991年には作付面積10万haを越え、以降は作付面積2-4位と上位を維持している。2005年(平成17年度)の作付面積は約13万ha、順位は第4位である。東北地方に限れば、ひとめぼれについで作付面積2位である。 味の特徴は、一言で言うともちもちとした粘りのある食感。もち米のように粘りがあるのでおにぎりなど冷めてもおいしいと評価されている。 育種目標・経緯等 コシヒカリより早熟でかつコシヒカリの食味特性を持った品種を目指して育成された品種である。地元の生産者の要望を受けて、秋田県単独予算の育種事業(県単育種)として品種開発が行なわれた。 育成経過 交配組合せはコシヒカリ/奥羽292号であり、1975年に福井県農業試験場で交配が行なわれた。