「あきはた」とは?

言葉 詳細
秋畑

概要 (Wikipediaから引用)

秋畑村(あきはたむら)は群馬県の南西部、甘楽郡に属していた村。南の境界に西御荷鉾山、西に稲含山を頂く。山間に多数の鯉のぼりをつるす行事から「こいのぼりの里」としても知られる。 地理 河川:雄川 1889年(明治22年)4月1日 町村制施行により、北甘楽郡秋畑村が成立する。 1950年(昭和25年)4月1日 北甘楽郡が甘楽郡と改称する。 1955年(昭和30年)3月16日 小幡町(旧自治体)と新設合併し、新たに小幡町となる。 美しい村 秋畑那須地区は、1995年に県の「美しい農村景観保全活用地区」に選ばれたのをきっかけに、住民全員参加の「美しい農村景観保全推進協議会」が結成され、休耕地を復活するために集落の伝統のソバによる地域おこしとして「蕎麦オーナー制度」を実施している。