「あきひと」とは?

言葉 詳細
昭仁

概要 (Wikipediaから引用)

『』より :

章人

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

明人

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

昭人

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

明仁

概要 (Wikipediaから引用)

明仁(あきひと、1933年(昭和8年)12月23日 - )は、日本の第125代天皇(在位:1989年(昭和64年)1月7日 - )である。平成時代においては「在位中の天皇」を意味する今上天皇と呼ばれる。 昭和天皇(第124代天皇)の第一皇男子。母は香淳皇后。大正天皇の孫にあたる。御称号は継宮(つぐのみや)。皇室典範に定める敬称は陛下。お印は榮(えい、文字がお印)。勲等は大勲位。 1933年(昭和8年)に東京府東京市麹町区(現:東京都千代田区)宮城(現:皇居)内の産殿にて誕生。1952年(昭和27年)に皇室典範規定に基づき18歳で成年し、1989年(昭和64年)に昭和天皇の崩御を受け践祚、皇位を継承した。この間、1959年(昭和34年)に正田美智子と婚姻し、浩宮徳仁親王(現・皇太子)、礼宮文仁親王(現・秋篠宮文仁親王)、紀宮清子内親王(現・黒田清子)の二男一女がある。 2016年8月現在、82歳である。高齢であるものの、公務・宮中祭祀ともに極めて旺盛に活動しており、天皇としての活動について非常に意欲的かつ勤勉であると伝えられることが多い。