「あきやぐち」とは?

言葉 詳細
安芸矢口

概要 (Wikipediaから引用)

安芸矢口駅(あきやぐちえき)は、広島県広島市安佐北区口田一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)芸備線の駅である。 1915年(大正4年)4月28日 - 芸備鉄道の矢口駅として開業。 1937年(昭和12年)7月1日 - 芸備鉄道買収により、国有鉄道芸備線の駅になる。同時に安芸矢口駅に改称。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)に継承。 1992年(平成4年)11月 - みどりの窓口営業開始。 2003年(平成15年)10月1日 - 急行「みよし」の1往復が当駅に停車。 2005年(平成17年)4月1日 - ジェイアール西日本広島メンテックによる業務委託駅となる。 2007年(平成19年) 7月1日 - ICOCA対応簡易型自動改札機を導入。 9月1日 - ICOCA導入。 2009年(平成21年)3月下旬 - ホームの広島方2両分、かさ上げ工事完了。 駅構造 島式ホーム1面2線を持ち、列車の交換が可能な地上駅である。