「あきよし」とは?

言葉 詳細
秋吉

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

明好

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

明美

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

彰良

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

明良

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

昭嘉

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

明善

概要 (Wikipediaから引用)

明善寺合戦(みょうぜんじかっせん)は、1567年(永禄10年)に備前国上道郡沢田村(現:岡山県岡山市中区沢田)付近で戦われた戦い。明禅寺とも記される。 備中国を掌握し、さらに備前国制覇をも目論んでいた三村氏と、当時浦上氏被官の中で頭角を現した宇喜多直家との間で戦われた合戦である。三村勢が総崩れとなったことから「明善寺崩れ」とも呼ばれる。 経緯 背景 1559年(永禄2年)、宇喜多直家は主君浦上宗景の命により、沼城城主である中山信正を誅殺する。以後、沼城を預かるようになる。 その頃、三村家親は同盟相手であった毛利元就と共に対尼子戦に参加していた。尼子の勢力を毛利氏と共に減退させ月山富田城を残すのみとなってきた頃から、毛利元就に暇乞いをし、備前国金川(現:岡山市北区御津金川)を攻略して備前攻略の足がかりを築こうと画策していた。 開戦前の地域情勢 元就の許しを得た三村家親は、備前国に侵攻し、岡山城および舟山城を攻め、金光宗高と須々木豊前守を降伏させ、両城を支配下においた。

明義

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

昭良

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

秋義

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

昭善

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

章義

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

顕能

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

昭義

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。