「あく」とは?

言葉 詳細
阿久

概要 (Wikipediaから引用)

阿久 悠(あく ゆう(AKU YUU)、1937年2月7日 - 2007年8月1日)は、日本の放送作家、詩人、作詞家、小説家。本名、深田 公之(ふかだ ひろゆき)。淡路島(兵庫県津名郡鮎原村、現:洲本市五色町鮎原)出身。第2回横溝正史ミステリ大賞、第45回菊池寛賞受賞。紫綬褒章、旭日小綬章受章。 来歴・人物 阿久悠のペンネームの由来は「悪友」から。また、多夢星人(たむせいじん)の変名も使用した(阿久の小説『グッドバイ―BN童子の青春』の登場人物であるロック歌手の名に由来する)。長男は作曲家の深田太郎で、ゲーム音楽や声優に楽曲提供している。 両親とも宮崎県児湯郡川南町出身。幼少期は兵庫県警巡査であった父親の仕事の都合で、いずれも津名郡内であるが、数年おきに転居を繰り返す。洲本市立都志小学校卒業、五色町立都志中学校、一宮町立江山中学校、五色町立五色丘中学校卒業、兵庫県立洲本高等学校卒業(同級生に京都大学教授の木曾好能、料理研究家の為後喜光等がいる)、明治大学文学部卒業。

灰汁

概要 (Wikipediaから引用)

灰汁(あく)とは、原義では灰(藁灰や木灰)を水に浸して上澄みをすくった液のこと(#灰汁)。この灰汁を使って食品自体がもつ強くてクセのある味を処理したことから、そのような嫌な味やクセそのものも「あく」と呼ぶようになった(#食品のアク)。本項目でともに解説する。 灰汁 灰汁は藁灰や木灰を水に浸した上で上澄みをすくった液である。炭酸カリウムが主成分であるためアルカリ性で、洗剤、漂白剤、また食品のアク抜き(後述)などとして用いる。鹿児島県ではこの灰汁を用いて「あくまき」や「つのまき」と呼ばれるちまきを作るほか、沖縄県では「はいじる」と呼んで沖縄そばの原料として用いられる。灰の項目も参照。 灰汁は、灰を水のなかに入れてとる液で、洗濯や染め物など用途に応じてさまざまな作り方があった。 洗濯用には米俵を一俵分焼き、これを一斗(18リットル)樽に入れ、水をいっぱいに加え、よく混ぜてこの上澄みをたらいに移し、20倍くらいに薄めたものを使用した。

アク

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あく

概要 (Wikipediaから引用)

『灰汁』より : 灰汁(あく)とは、原義では灰(藁灰や木灰)を水に浸して上澄みをすくった液のこと(#灰汁)。この灰汁を使って食品自体がもつ強くてクセのある味を処理したことから、そのような嫌な味やクセそのものも「あく」と呼ぶようになった(#食品のアク)。本項目でともに解説する。 灰汁 灰汁は藁灰や木灰を水に浸した上で上澄みをすくった液である。炭酸カリウムが主成分であるためアルカリ性で、洗剤、漂白剤、また食品のアク抜き(後述)などとして用いる。鹿児島県ではこの灰汁を用いて「あくまき」や「つのまき」と呼ばれるちまきを作るほか、沖縄県では「はいじる」と呼んで沖縄そばの原料として用いられる。灰の項目も参照。 灰汁は、灰を水のなかに入れてとる液で、洗濯や染め物など用途に応じてさまざまな作り方があった。 洗濯用には米俵を一俵分焼き、これを一斗(18リットル)樽に入れ、水をいっぱいに加え、よく混ぜてこの上澄みをたらいに移し、20倍くらいに薄めたものを使用した。

概要 (Wikipediaから引用)

悪(あく)とは、文化や宗教によって定義が異なるものの、概ね人道に外れた行いや、それに関連する有害なものを指す概念である。 日本語における「悪」 日本語における「悪」という言葉は、もともと剽悍さや力強さを表す言葉としても使われ、否定的な意味しかないわけではない。例えば、源義朝の長男・義平はその勇猛さから「悪源太」と、左大臣藤原頼長はその妥協を知らない性格から「悪左府」と呼ばれた。鎌倉時代末期における悪党もその典型例であり、力の強い勢力という意味である。 本来「悪」は「突出した」という意味合をもつ。突出して平均から外れた人間は、広範囲かつ支配的な統治、あるいは徴兵した軍隊における連携的な行動の妨げになり、これゆえ古代中国における「悪」概念は、「命令・規則に従わないもの」に対する価値評価となった。一方「善」概念は、「皇帝の命令・政治的規則に従うもの」に対する価値評価である。 『古事記』において、「悪事」は「マカゴト」と読ませる(古代の解釈では、悪の訓読みは「マカ・マガ」となる)。

飽く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

明く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

空く

概要 (Wikipediaから引用)

『空くんの手紙』(そらくんのてがみ)は、小田空による日本の少女漫画作品。 『りぼん』(集英社)1979年(昭和54年)2月号から1984年(昭和59年)4月号まで連載され、また1984年(昭和59年)りぼん春休み増刊号にも掲載された。単行本はりぼんマスコットコミックス版が全4巻。集英社文庫版が全2巻。 森の傍に立つ一軒家で、共同生活を営む「空くん」「うさぎ」「ゴジラ」を中心に展開するメルヘンタッチのハートウォーミングストーリー。1話完結。 登場人物 レギュラー 空くん(そらくん) 主人公。メルヘンチックな森の傍らに住む少年。セーラー服に半ズボンがトレードマーク。生活の基礎である自給自足の能力に長け、家事全般をこなすなど大人顔負けの生活力を誇るが、一方で趣味がプラモデル作りなど少年らしい一面も見せる。性格は至って常識人で、優しく温厚ではあるが、生真面目な性格故とっつきづらい部分もある。さばの味噌煮が好き。 うさぎ 空くんと共同生活を送る牡ウサギ。真面目な空くんに対して、家事をさぼりたがったり、悪いことをしても素直に謝るのを躊躇ったりと、モラルに欠けるトラブルメーカー的存在だが、根は悪人ではない。

開く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

厭く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。