「あくちゅえーた」とは?

言葉 詳細
アクチュエータ

概要 (Wikipediaから引用)

アクチュエータ(Actuator)は、入力されたエネルギーを物理的運動に変換するものであり、機械・電気回路を構成する機械要素である。能動的に作動または駆動するもの。 アクチュエータはものを動かす駆動装置と、その動作により制御を行う機械的あるいは油空圧的装置。利用する作動原理(入力するエネルギー)によりさまざまなものが開発され利用されている。一般には伸縮・屈伸・旋回といった単純な運動をするものに限られ、電動機(モーター)やエンジンのような動力を持続的に発生させるもの単体を指してアクチュエータとは呼ばない。 特に電磁石で得られる動力を利用するものをソレノイドアクチュエータと呼ぶが、航空機などに見られる油圧により駆動されるものもある。また筋肉も化学エネルギーを利用したアクチュエータの一種と言え、この他にも形状記憶合金を使い、電流を入力することで発生するジュール熱を利用したアクチュエータも実用に供されている。