「あくとく」とは?

言葉 詳細
悪徳

概要 (Wikipediaから引用)

悪徳商法(あくとくしょうほう)は、販売者が不当な利益を得るような、社会通念上問題のある商売方法であって、例えばマルチ(まがい)商法による販売などが代表的である。また、問題商法(もんだいしょうほう)または悪質商法(あくしつしょうほう)ともいう。「一般消費者を対象に、組織的・反復的に敢行される商取引で、その商法自体に違法又は不当な手段・方法が組み込まれたもの」を警察庁では悪質商法と呼んでいる。 被害者は主に消費者であるが、企業や個人事業者が被害者となる場合もある。 類型 利殖商法 「未公開株」「海外事業への出資」「絶対に儲かる」などを謳って実態のない投資話を持ち掛け出資金として多額の金を騙し取る手口。日本各地の消費生活センター等に寄せられた被害件数は2011年から2013年までに7539件(68.0%)減少したが、高齢者(65才以上)比率が68.5%から70.5%まで高まった。